こういう風に生きている(仮称)

フリーの役者、シンタ(仮)の日々の葛藤についてを綴るためのブログです。
長い目で見てください。

このブログは、IE6以前のバージョン等で、正しく表示されない場合がございますので、予めご了承ください。

過去-人間関係・考察

第89回 - 善悪

辰です(´・ω・`)

最近、ちょっと鬱な日々が続いていたんですけど、ようやく抜け出せた感じです。
結論としては、今のボクに足らないのは「行動力」と、「時間と自分に勝とうとする、やる気と意欲」なんだと思う。
そして、改めて思った。
ボクは、人間を好きになれかなれていないんだって・・・。
ボクは酷い仕打ちを受けたせいで人間を嫌いになった。
でも、そんな酷くもなかったんだ。
たぶん、ボクは人一倍に善の考えが強すぎたから、そのことをボクの中の正義が許さなかったんだと思う。
でも、誰の中にも善悪はある。それの割合なんかひとそれぞれ。
つまり、一々偽善者ぶってそんなのとムキになって向き合おうとしても、ボクにはそれを調和させるだけの力もなく何も出来ないのだから、そんなことを一々気にしなければいいんだ。
だけど善は誰もが持ってなくちゃならない。
でも、それは必要最低限でいいと思う。
本当に必要なのは悪。
悪をずっと手の内に持っていれば、もし何か人に迷惑をかけることをしたとしても、自分を悪と認めることで後に引きずることはない。
落ち込むのも、後悔するのももちろん必要。
でも、それは間違いを認めて反省し、どうすれば報われるかわかれば、それ以上はいらない。
だから、必要なのは悪だと認めること。
もし他人が、自分かだれかに迷惑をかけているとしたら、偽善者ぶらないで、心の内でそいつが消えることを願っていればいい。
嫌なやつが居ても危める必要はない。
自分が嫌だと思うやつは、自分が人からズレた考えの持ち主でなければ、周りも少なからずは同じ考えを抱いているはず。
だから、わざわさ手を汚さなくても、嫌われるようなことをする人間は、どうせまっとうには生きられない。

結論として、いつも心に悪を持とう!ということ。
でもボクは別に罪を犯せとか、悪さをしろって言ってるわけじゃない。
ボクが推奨してるのはあくまでも「悪の心」を持つこと。
自分で言ってても難しいことだと思うから、理解出来ない人はしない方がいいかも。
こんなことを書くボクを危ないヤツだと思うのも自由。
その人にはそう感じとれたんだからどう感じとるかなんて人それぞれ・・・。

どうしてもボクがこんなこと書いたのか知りたい人もし居たら鬱ゲーやってみるといいよ。
なんかわかるかもね。
それについてはまたそのうち書きます。

第88回 - 今の自分

ども、辰です(´・ω・`)

昨日は疲れた~
一昨日溜まりに溜まった仕事を昨日頑張って朝から3つの作業を同時進行してやってたから、定時になったころにはもう2割くらいまで終わってたんだけど、9時間近くパソコンに向って必死に作業してたせいで、結局その疲労が取れないで頭痛になって、朝起きても治らないからさっき会社に電話したら「休んでください!」って言われたからこうして休んでるんだけどw
たまにはこういう日あっていいのかなぁ~・・・。

まぁ、だから今日はちょっと長めに書くかな。時間あるし。
ということで、昨日ちょっとリクエストされてたし、昨日のことを書こうと思う。
昨日、というか前にmixiに出会いを求めてみて、知り合った人とメールのやりとりやら電話してたんだけど、ダメだった・・・。
まぁ、2度目の電話辺りからもう怪しく感じてたんだけど。
高校のボクの友達をその人は知ってたみたいなんだけど、その子のことを「眼鏡」とか「キモイ」とかって悪く言ってたから、なんか不安になっていたんだ。
で、昨日ハッキリさせようと思って「会ってみない?」ってメールしたら案の定。
そのあと最後の電話したら、どうやらただボクをからかってただけみたい。
結局2年前と同じ様な仕打ち受けさせられたわけだけど、まぁ、ボクに悪い点があったからボクがいけないんだけど。
警戒しといて正解だったってわけだ。そのおかげで2年前ほど苦しまなくて済んだ。
自分本位の人。そういう人は変わらなきゃいけない。1年前のボクがそうだったように・・・。

ボクの学校にもそういう人は居た。ボクもその1人だった。
変われる人は変わっていった。先生の言葉を聞いて、今の自分を認められたか、そうでないかの差。
その差は大きい。認められない人はどんどん去っていった。
認められなかったけど、残った人も居た。けど、その子はボクが見ても、周りの人が見ても、結局何も変わらなかった。先生の「人形はやめろ!」って言葉を受け入れずに。
その子は、ユニットを組んでちやほやされたされていたせいで、アイドルのような顔をしていたけど、自分の今の力を認めようとはしなかった。それが結果。
まぁボクもそれができたのは卒業する間際だけどね~~~!!!!!
自分を認めるってことは大変なこと。本当にそう思う。
ボクは変われたことに気付くことが出来て、先生にそのことを報告すると、先生は喜んでくれた。
先生は、たぶん芸能人のなってくれることを望んでいたわけではなかったんじゃないかな。今思うとそんな気がする。
何かに必死になって、揉まれながら、負けずに向き合う努力をすれば、人は変われるんじゃないかな。

話を戻すと、今回のことは最初にボクが先走ったメールを送ってしまったことが全ての過ち。
だから、いけないのはボク。でも、相手にも罪悪感の残らない終わらせ方ができたと思う。
それが2年前との大きな違い。まぁ相手が罪悪感を持ったのかは謎だけど。
何かに必死になれば、自分と向き合えば、自分本位な考えなんて持つより、もっと楽しめるのに・・・。

平気で人を騙すやつ、自分の否を認めないやつ、自分本位な考えなやつ、そして、人を人として見ないやつ。
ボクはそういう連中を認めない。いつか、そのつけは自分に来る。今のボクみたいに。

にしても今年入ってまだ半年しか経ってないのに、多いなぁ~こういうこと。
もう何度目だろ、5度目かな?マジ多いんだけどw
あーぁ。運命ってないねぇ・・・ホント。まぁもうしばらく恋愛はいいや。疲れた
続きを読む

第77回 - 人生~いろいろ♪

もう今年も残すところあと1ヶ月ですね。辰です(´・ω・`)

また移動時間を使って携帯からの面倒な更新をしてます(^^;)
総集編はあまりに前のこと過ぎてボク自身があったことを忘れてしまったんで、ここ最近のことを書きます。
3日前、学校の同期生の子(といっても3つ下)からちょっとある相談を受けた。
内容を大雑把に言うと、なんか学校で嫌なことがあって、続けて行く気が持てなくなってしまったらしい。
まぁ、よくあることです。ボクも高校入って直ぐの頃はそうだったし。
でも、その子は過去にいろいろ嫌なことがあったらしく、人付合いがうまく出来なくなってしまってるらしいんで、人一倍悩んじゃっているらしい。
言ってしまうと、そんな人付合いがうまくいかないなんてことはどこに居たって起こることだから一々そんなに考えない方がいいんだけど、気にしてしまうんだろうね。いろいろあっただけに。
まぁボクもそういう意味じゃ人にそんなことを教えてあげられる程できた人間じゃないし、むしろ、ボクの方が実際は周りから酷く言われているという話しもたまに耳にする。
ボクは人と接するときに表と裏の性格を使い分けないので、人前でも普通に嫌がったりすることをするし、平気で嫌な人を悪く言う。
ボクがこういうやり方をするのにも意味はあるけど、このやり方を辞めようとは思わない。
だって、もし表の自分を好きになってくれた人が居たとしても、それは裏の自分を隠した仮面を付けた本当の自分を出し切ってないからせっかく好きになってくれた相手に隠し事をしていることになる。
以前、ボクはそういったことをしている奴にまんまと騙されて、多くの大事なものを失った。
人間が大嫌いで、だれも信じたくなくなったのはそれからです。
ボクは、そんな腐った汚い人間にはなりたくない。だから、いつでも本音で話しをするようにしている。
エゴなのかもしれないけど、ボクにとってある意味1つの長所だと思っている。

電池ヤバイんであとは家で。
続きを読む
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

シンタ(仮)

Ranking
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング
同盟

JWordクリック募金


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ